2019  joshujihen.com

member

【林家つる子】二ツ目

 

<出身地>

群馬県高崎市石原町

 

<出身校>

片岡小学校

片岡中学校

群馬県立高崎女子高校

中央大学文学部中国言語文化専攻

 

<生年月日>

1987年6月5日

 

<来歴>

2010年9月1日 九代林家正蔵に弟子入り。

2011年3月21日 前座となる。

2015年11月1日 二ツ目昇進。

 

<賞歴・その他>

中央大学在学中に第5回全日本学生落語選手権「策伝大賞」審査員特別賞受賞。

2015年11月 講談社主催のオーディション「ミスiD2016」にて、

「I♡JAPAN賞」を受賞

2016年7月 ぐんま特使に任命される

2017年4月 群馬地酒大使に任命される

2018年6月 嬬恋村キャベツ大使に任命される

2018年7月 ご当地ソング「群馬ラプソディ…恋のからっ風」でCDデビュー

 

<マイベストオブ上毛カルタ>

つる舞う形の群馬県

 

<好きな群馬のソウルフード>

焼きまんじゅう

シャンゴ風パスタ

 

<群馬のオススメ観光スポット>

観音山

榛名湖

 

<意気込み>

某クイズ番組で、群馬の問題が出たにも関わらず答えられなかった悔しさをバネに、四人での活動を通して、まだ知らなかった群馬の魅力を知り、その魅力を全国、全世界に、アピールしていけるようになりたいです!

ヘッディング 1

【立川がじら】二ツ目

 

<出身地>

群馬県前橋市天川大島町

 

<出身校>

桃瀬小学校

第五中学校

私立前橋育英高校

明治大学文学部文学科ドイツ文学専攻

 

<生年月日>

1986年5月21日

 

<来歴>

2011年2月16日 立川志らくに弟子入り。

2011年5月24日 初高座をつとめる。

2016年12月1日 二ツ目昇進。

 

 

<賞歴・その他>

明治大学在学中に第6回全日本学生落語選手権「策伝大賞」審査員特別賞受賞。

2014年 志らく一門新年会弟子対抗懐メロ歌合戦(審査委員長ミッキー・カーチス)にて山下敬二郎『ダイアナ』を歌唱し優勝。

2017年 第9回前橋若手落語家選手権準優勝受賞。

2018年 花まる学習会王子小劇場主催の佐藤佐吉大演劇祭2018in北区にて「衝撃俳優賞」に劇団「地蔵中毒」よりノミネート。

 

<マイベストオブ上毛カルタ>

世のちり洗う四万温泉

 

<好きな群馬のソウルフード>

まだ硬い頃の蒟蒻ゼリー

 

<群馬のオススメ観光スポット>

前橋文学館

 

<意気込み>

この風土に育まれた、上州の文学や文化一般をいま語りなおすことによって、今日における意義を再発見できるような機会をつくりたい。現在進行形で生まれる文化を担います!

【柳家小もん】二ツ目

 

<出身地>

群馬県前橋市粕川町

 

<出身校>

粕川小学校

粕川中学校

群馬県立前橋高等学校

学習院大学文学部史学科

 

<生年月日>

1990年9月10日

 

<来歴>

2013年5月 柳家小里んに入門。

2014年11月1日 前座となる。前座名「小多け」。

2018年3月21日 二つ目昇進。「小もん」と改名。

 

<賞歴・その他>

全日本OMONAGAコンテスト審査員特別賞

日本政府指定特殊肉声保持者(低音の部)

 

<マイベストオブ上毛カルタ>

雷と空っ風義理人情

 

<好きな群馬のソウルフード>

モロヘイヤうどん

 

<群馬のオススメ観光スポット>

ながめ余興場

群馬県立自然史博物館

 

<意気込み>

数多くの県外の方にお会いできる商売ですから、生まれ故郷の群馬県をしっかりアピールできる芸人を目指します!

【三遊亭ぐんま】前座

 

<出身地>

群馬県渋川市(旧子持村)

 

<出身校・前職>

子持村立子持小学校

子持中学校

群馬県立前橋西高校

高校卒業後、全国ツアーなどを行う「HARACHIKA-グレコ」というバンドのボーカリスト「グレコまん」として12年間音楽活動をする

 

<生年月日>

1985年10月25日

 

<来歴>

2015年9月29日 三遊亭白鳥に弟子入り。

2016年9月21日 前座となる。

 

<賞歴・その他>

前橋西高校在学中

全日本レスリング グレコローマン選手権大会 第5位入賞。

空手初段

 

<マイベストオブ上毛カルタ>

浅間のいたずら鬼の押出し

 

<好きな群馬のソウルフード>

林屋食堂の五目そば

 

<群馬のオススメ観光スポット>

尻焼温泉

 

<意気込み>

大好きな群馬県の良さを全国にアピールし、お世話になった群馬県の方々へ四人の活動で恩返しをしたいという熱い想いと共に、兎に角チヤホヤされたい。